よくある質問

よくお寄せいただくご意見・ご質問にお答えします。

内視鏡検査について

  • 大腸内視鏡検査の前処置(検査前の下剤などの準備について)
  • 内科 消化器科 西宮ファミリークリニックです。

    大腸内視鏡検査を受けられたことのない方にとっては検査がどのように進んでいくのか、ピンとこないと思います。大腸の中にはだれでも(木村 拓哉や松島 菜々子でも)いつもウンチがあります。大腸内視鏡検査は肛門から大腸カメラをゆっくり入れていきますのでそのウンチをほとんどすべて外に出してしまわないといけません。そのために”前処置”と言われる前日からの準備が必要となります。(準備と言いましてもあまりおおげさなものではありません)

    次のように大腸検査の前処置は進んでいきます(午前11時半来院の場合)

    検査前日
    お食事はうどんやおかゆなどのような消化の良いものをお召し上がりください。
    量は普通に食べていただいて結構です

    前日寝る前
        2種類の下剤を飲んでいただきます。寝ている間には便意は催しません。


    検査当日
    起床後から水分は摂っていただいて結構です


      
    朝8時からマグコロールP(洗腸液)を飲んでいただきます。味はポカリスエットに似た 味です。私(院長)が大半の洗腸液を飲み比べて一番飲みやすいものを選んでいます。

     

    マグコロールPの作り方

    マグコロールPを袋から取り出して容器のキャップをあけて水を約500ccまで入れます。よく振ってお薬をすべて溶かします。そのあと水1300ccを追加して合計で1800cc(1800の目盛まで)にします。水は冷たい方が飲みやすいです。

     

    飲み方
    コップ1杯(約200cc)を3~5分かけて飲んでいってください。約1Lほど飲んだところで気分が悪くなったりお腹がはってきたりしてきた時はそのまま飲み続けずに飲むのをやめてクリニックへ連絡ください。特に変わりがないようでしたらそのまま飲み続けてください。歩いたりしながら飲んでいただくとより効果的です。


    経過
    飲み進めていきますと便意を強くもよおす時が来ます。下地が透明な水のような排便となれば検査可能な状態です。

     

    マグコロールPがなくなりましたら水やお茶は少量ずつ飲んでおいてください。1800cc飲みきらずに便が検査可能な状態となりましたら飲むのはそこで止めてあとは水やお茶を飲んでおいていただけば結構です。大体は1Lほど飲めば検査可能な状態となっています。

     

    便意が落ち着いてきましたら午前11時30分にクリニックへお越しください。(平日の検査の場合)

     

    以上が大腸内視鏡検査についての概要です。

    http://www.family-cl.jp/kensa/も参考にしてください

      

     

    0798-57-3055

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

<< 前のQ&A  |よくある質問TOPへ戻る|  次のQ&A >>

よくある質問