いかに患者様が楽な内視鏡検査にするかを追求しています

「大腸や胃の内視鏡検査はつらい。苦しい。二度とやりたくない」という方が多いと思います。西宮では消化器内視鏡学会専門医の院長自身による内視鏡検査を行っており、これまでに15,000例を超える内視鏡検査を施行しています。その豊富な経験と知識を基に患者様の苦痛が極めて少ない検査と的確な診断・治療を責任をもって行ってまいります。「もう終わったのですか。全然苦しくなかったです」と安心される患者様もたくさんおられます。

内視鏡検査

当院の診療方針

  • 苦痛を伴う症状(高熱、吐き気、腹痛など)の早期の原因の究明と積極的な苦痛の除去
  • 最新機器による可能な限り苦痛の少ない検査
  • 癌(特に胃癌や大腸癌、胆嚢癌などの消化器癌)の早期発見
  • より専門的な治療が必要な場合、適切な医療機関へのご紹介

内視鏡検査は癌やポリープなどの早期発見に繋がります。

「下部消化管内視鏡検査」(大腸の検査)をおすすめする方

  • 50歳以上で血の繋がった家族やご親戚に、大腸癌、大腸ポリープと診断された人がいる方
  • 大腸ポーリプと診断されてから2年以上が経過している方
  • 検便で陽性反応が出た、または検便を受けたことがない方
  • 排便が安定しない(便秘、下痢、血便などの症状がある)方

「上部消化管内視鏡検査」(食道・胃・小腸などの検査)をおすすめする方

  • 胃もたれや胸焼けがする方
  • 口内炎がよくできる方
  • おへそより上の部分に痛みを感じる方
  • 血の繋がった家族や親戚に、食道癌、胃癌などにかかった人がいる方

医院からのお知らせ

内視鏡検査 内視鏡について詳しく見る

内科全般 内科について詳しく見る

消化器科全般 消化器科について詳しく見る